安達原玄 仏画美術館

観光施設ガイド

安達原玄 仏画美術館女流仏画師・安達原 玄の描いたマンダラをはじめとした仏画の美術館です。



安達原玄 仏画美術館日本に数少ない仏画・曼荼羅(マンダラ)の美術館で、安らかな心の時間を過ごしてみませんか?「日常生活の中に祈り」をテーマに、一般の人々自ら仏画を描く事を「写仏」と名付け、広めた第一人者である、女流仏画師・安達原 玄(あだちはら げん)の作品を中心とする美術館です。描いた仏画は200点以上にのぼります。館内には、金剛界・胎藏界の両界曼荼羅図(4.5メートル四方)紺紙金泥・極彩色、梵字曼荼羅、釈迦涅槃図、釈迦金棺出現図、如来、観音、明王などの作品約40点の他、国内外で収集したお面、百数十点も展示しています。(但し変更の場合もあります)

    【 美術館のご案内 】
    開館期間:3月20日~11月30日(12月1日~3月19日は休館)
    (※上記休館中、ご予約いただければ開館いたします。)
    開館時間:午前9時~午後5時 (※ 冬期は予約のみ)
    休館日:火曜日(ただし祝祭日は開館)
    入館料:一般600円/中学生300円/幼児・小学生 無料
    【 アクセスのご案内 】
    ■ 自動車の場合
    ・中央自動車道須玉ICより国道141号清里方面に約10分
    ■ JRの場合 中央本線韮崎駅下車 タクシー約25分
    ・小淵沢駅下車 タクシー約20分
    ・長坂駅下車 タクシー約10分
    ■ 高速バスの場合
    ・中央高速バス 新宿ー諏訪岡谷線 長坂高根下車 タクシー約8分

    名 称/安達原玄 仏画美術館
    住 所/山梨県北杜市高根町村山東割2358-5
    TEL/ 0551-46-2311 FAX/ 0551-46-2313
    URL/安達原玄 仏画美術館 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました