全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

1番星の観光ガイド - 観光情報を簡単検索でタグ「鹿児島県+観光の四方山話」が付けられているもの

 万治元年(1658年)、19代当主の島津光久によって築かれた別邸で別名・磯庭園とも呼ばれ、錦江湾や桜島を庭園の景観に取り入れた自然と人工とが調和した借景式庭園。その後も歴代当主によって改築が重ねられられ、幕末の名君28代当主の島津斉彬がこよなく愛し、この敷地にヨーロッパ製鉄所やガラス工場を建設するなど近代化事業(集成館事業)を起こした。また幕末から近代にかけて薩摩藩・鹿児島県の迎賓館のような存在で、幕末にはオランダ海軍将校や幕臣勝海舟、イギリス公使パークスが訪れている。明治以降になると大正天皇、昭和天皇をはじめとする皇族やロシアの皇太子ニコライ2世、イギリスの皇太子エドワード7世など国内外の数多くの要人が訪れている。 昭和33年(1958年)に国の名勝に指定され、鹿児島には欠かせない観光スポットで、連日観光客が訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

 第二次世界大戦末期の沖縄戦で、爆弾を装着した飛行機で敵の艦船に体当たりをし、お国のためと思い短い生涯を終えた若者たちが大勢いた。人類史上類のない特攻作戦を敢行した陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を、展示しているのが知覧特攻平和会館。このような悲劇を生み出した戦争を二度と起こしてはならないという戒めのために、貴重な遺品や資料をご遺族の方々のご理解ご協力ももとで紹介している。館内には写真、遺書などの遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などの他、四式戦闘機の疾風や三式戦闘機の実物なども展示。昭和30年(1955年)には特攻隊員の顕彰と世界平和を目的に観音像が安置された。知覧町はお茶畑でも知られ、観光で訪れて人が立ち寄って行く観光客も多い。大型観光バスの駐車場も完備。

 鹿児島県屋久島に自生する縄文杉。九州の最高峰でもある宮之浦岳を擁し、洋上アルプスとも称される屋久島。またスギの自然分布で南限とされるこの島に、屋久杉が分布している。幹回りは16m余り、高さは25m余り、樹齢推定7,200年以上は最大で最古の巨木、年間1万人以上の観光客が訪れている。縄文杉と呼ばれる名前の由来は、昭和41年(1966年)に屋久島役場の観光課長だった岩川貞次氏により発見され広く紹介された。発見当初は大岩杉と呼ばれていたが、縄文時代から生きていたと云う説と、幹の造形が縄文土器に似ているからと云う説があるため、いつの日から縄文杉と呼ばれるようになった。平成5年(1993年)に世界遺産に登録され、観光客も一段と多く訪れており、屋久島の観光スポットになっている。

 欽明天皇の時代(6世紀)、慶胤(けいいん)なる僧侶に命じて高千穂峰と火常峰の間に、社殿が造られたのが始まりとされるいるが、実際は高千穂峰に対する山岳信仰から始まったものだろう。しかし火山の麓に位置する立地だった為、度々延焼し、天歴年間には性空により瀬多尾越(現在の高千穂河原)に遷されるが、この地も噴火の巻き添えで度々延焼した。現在の霧島神宮は文明16年(1484年)に、島津忠晶の命により兼慶が再建したもので、社殿は正徳5年(1715年)に島津吉貴の奉納で再建した。明治のは神仏分離令が発令されるまで、西御在所霧島権現と云われた。霧島山を中心とした修験僧による霧島六所権現信仰の中心的役割を果たしていた。また坂本龍馬が本最初の新婚旅行で霧島連峰で知られており、今日でも新婚旅行や観光で訪れる人も多い。神木の樹齢800年の杉の木は南九州の杉の祖先と云われている。