全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

1番星の観光ガイド - 観光情報を簡単検索でタグ「群馬県 観光の四方山話」が付けられているもの

 上毛三山の一つに数えられ、古来より山岳信仰を受けてきた山(標高1,390.3m)で、南西麓には榛名神社が祀られている。495年頃と30年後に大きな噴火した形跡がある。伝説によると巨人妖怪のダイダラボッチが富士山と浅間山、榛名山を競争で造ったが、あと一息のところで富士山にダイダラボッチが勝った伝えられている。諏訪神社や弘法大師などの民話が数多く残っている。周辺には水沢温泉や伊香保温泉など、温泉が湧き出ているいで湯も数多い。今日ではマイカーの観光客やバスツアーの観光客そしてバス電車を乗り継いでくる観光客も多い。大型観光バスの駐車場完備。

 海抜1,800mに位置する群馬県を代表する温泉でもあり観光地でもある。緑に囲まれた上信越高原国立公園内の中の高山温泉郷が万座温泉。温泉は酸性硫黄泉で約80度の高温。湧出量は1日に540万ℓに及び、昔から豊富な湯量に恵まれ、また泉質は27種類を数え、名湯中の名湯と云われている。重荷呼吸器病や胃腸病、リウマチや皮膚病に効能も 多彩でと云われ、難病を治したというエピソードも数多く伝わっている。さらに美肌効果も高く、女性にも圧倒的な人気を誇っている。源泉は、姥湯(湯畑)、 大苦湯、錫湯、鉄湯、苦湯、ラジウム北光泉、法制の湯などがあり、お風呂を巡りながらさまざまなお湯を楽しむことができる。また、春は残雪と新緑、夏は避 暑、秋は紅葉、そして冬はスキーと、一年を通じて四季折々に楽しめる為、団体客の観光客や少人数の観光客
そしてカップルの観光客が訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

 赤城山・妙義山とともに上毛三山に数えられる榛名山の神を祀る榛名神社。その歴史は1400余年前、第31代用明天皇の時代に創建された古社とされ。また南北朝時代には、上野寛永寺の下に属されていた。本殿は200余年前の文化3年(1806年)に再建され、御祭神は後方の御姿岩の洞窟の中に祀られている。明治の神仏分離により仏教色が廃され、元の榛名神社に復した。境内には、戦国時代、武田信玄が箕輪城攻略の際、矢を立て戦勝を祈願した矢立杉をはじめ、文化財・天然記念物が多数点在している。現在はパワースポットとして、また観光名勝として若者からお年寄りまで多くの方で賑わっている。団体客の観光客や少人数の観光客そしてカップルの観光客が訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

 地名の由来には、独特の硫黄成分の強い温泉の臭いから臭い水を意味する「くさうず」が変化しという説と、大般若経の中の一文、南方有名是草津湯より来ているという説がる。草津には数多くの著名人が足を運んでおり、鎌倉幕府を開いた源頼朝や徳川八代将軍吉宗が江戸まで湯を運ばせたことや、松尾芭蕉や東海道中膝栗毛で有名な十返舎一九も訪れ、草津温泉に足跡を残している。草津温泉は 歴史の香りも漂う町なのです。明治6年(1878年)には草津の温泉の効能を高く評価し、世界に広く紹介したベルツ博士が初めて草津温泉に足を踏み入れた年でもある。草津温泉の湯もみを有名にした、平井晩村が草津に来訪したのは大正7年(1918年)と記録に残っている。草津温泉の観光名勝にもなっている湯畑は、毎分4000ℓ以上の熱湯が沸きあがり、これを何本もの木樋に流して熱湯を冷まし、各旅館へと送っている。全国より観光を兼ねた団体客や少人数の観光客そしてカップルの観光客が大勢訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

 約1,900年前の榛名山二ツ岳の火山活動によって湧出した伊香保温泉。標高600~800mの榛名山の北東斜面に広がる温泉街は、400年以上前から形成されており、シンボルの360段の石段を、カランコロンと下駄を鳴らして歩く様は温泉情緒を醸し出している。目の前の榛名湖は群馬県を代表する観光スポットで、観光を兼ねて温泉を楽しむ観光客も多い。茶褐色の硫酸塩泉は、その昔から子宝の湯として有名な黄金の湯。また透明のメタケイ酸泉は白銀の湯。飲泉所も設置されており、弱酸性・低張性の温泉は通風や慢性アレルギー性疾患に効能が高い。明治43年(1910年)には、渋川から路面電車が開通し、バスの台頭で昭和35年(1956年)に全廃した。今日ではマイカーの観光客やバスツアーの観光客そしてバス電車を乗り継いでくる観光客も多い、大型観光バスの駐車場完備。

 群馬県の北西部新潟県境に近い、群馬県吾妻郡中之条町の上信越高原国立公園内に位置する四万温泉(しまおんせん)。その歴史は古く、延暦年間(約1200年)に遡り、少なくとも鎌倉時代には既に温泉が湧き出ていただ。清流・四万川に沿って細長く発達した温泉地で、標高は約600m~700m位で夏の避暑地としても優れていおり。旅館の数は約40軒で、泉質と景観を生かした貸切露天風呂や露天風呂付客室など、露天風呂が充実。四万温泉の名前の由来は古くいろいろな説が あるが、四万(4万)の病を癒す霊泉と言うのが良く知られ、草津と並ぶ群馬県の観光地で、多くの観光客が訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

 今や日本を代表する観光地の地名の草津温泉。名前の由来は諸説あり、独特の硫黄成分の強い温泉の臭いから臭い水を意味する「くさうず」が変化しという説と、大般若経の中の一文、「南方有名是草津 湯」より来ているという説がる。草津には数多くの著名人が足を運んでいたり、なんらかの形で関わっており、鎌倉幕府を開いた源頼朝が草津の湯に使ったり、 徳川八代将軍吉宗が遠く江戸まで草津の湯を運ばせたことや。松尾芭蕉や東海道中膝栗毛で有名な十返舎一九も訪れ、草津温泉に足跡を残している。明治11年(1878年)には草津の温泉の効能を高く評価し、そして世界に広く紹介したベルツ博士が初めて草津温泉に足を踏み入れた年でもある。草津温泉の湯もみを有名にした平井晩村が草津に来たのは大正7年(1918)と記録に残っている。草津温泉一の名所であり、シンボルの湯畑は、毎分4,000ℓ以上の熱湯が沸きあがり、これを何本もの木樋に流して熱湯を冷まし、各旅館へと送られている。観光を兼ねて温泉を堪能する観光客も多い。

 標高1,300m赤城山頂の湖、大沼の小鳥ヶ島に鎮座する赤城神社。赤城姫と云う姫様が祀られており、古くから女性の願いやお参りすると美しい子供を授かると伝えられている。創建は不詳だが、神社の由緒によれば、上代に豊城入彦命が上毛野国を支配した際、大己貴命を奉じたのが始まるとされている。江戸時代には、徳川家康公を祀り将軍家や諸大名からも厚く信仰され、寛永18年(1641年)に社殿が火災で焼失すると、翌年三代将軍徳川家光が命じて社殿が再建した。しかし赤城山の厳しい環境によって荒廃し、昭和45年(1970年)に再建竣工された。また全国に300社ある赤城神社の、本宮と推測されるうちの一社であり、観光を兼ねて参拝する観光客も多い。大型観光バスの駐車場完備。

 上毛三山の一つに数えられ、古来より山岳信仰を受けてきた山(標高1,390.3m)で、南西麓には榛名神社が祀られている。495年頃と30年後に大きな噴火した形跡がある。伝説によると巨人妖怪のダイダラボッチが富士山と浅間山、榛名山を競争で造ったが、あと一息のところで富士山にダイダラボッチが勝った伝えられている。諏訪神社や弘法大師などの民話が数多く残っている。周辺には水沢温泉や伊香保温泉など、温泉が湧き出ているいで湯も数多い。行楽シーズンには温泉に浸かり乍ら、観光を楽しみ観光客も少なくない。大型観光バスの駐車場完備。

 明治政府が日本の近代化を図るため、明治5年(1872年)が最初に設置した模範器械製糸場が富岡製糸場だった。ペリーが来航した寛永6年(1853年)に、鎖国を変えた日本は外国と貿易を始めた。当時の輸出品はおもに生糸で、輸出の急増で需要が高まった。しかし粗製濫造問題がおき日本の生糸の評判が下がった。明治維新後、政府は産業や科学技術の近代化を進めた。そのための資金を集める方法として、生糸の輸出が一番効果的と考え、日本の製糸業の近代化を進めた。群馬県の富岡市周辺に立地が選ばれた理由は、富岡周辺が生糸の原料となるカイコの飼育が盛んだったのが理由だった。平成2年(2014年)に世界遺産に選ばれ観光客が増えた。群馬の新しい観光スポットとして脚光をあびている。

 天明3年(1783年)の浅間山大噴火の際、流れ出た溶岩が固まり、奇形な岩造り出した。その広さは幅3km、長さ12km、 その中には2.7キロの遊歩道があ完備されている。鬼押出しの溶岩は、普通の溶岩と考えられていたが、火砕物が火口周囲に堆積し、熔解して凝固しながら流出した特殊な溶岩であった。惣門より表参道を散策しながら観音堂へ行く、その途中には水盤舎、炎観音、鐘楼がある。浅間山観音堂は、東叡山観永寺伝来の秘仏である聖観世音菩薩を祀っている。昭和33年(1958年)に開創し、天明の大爆発の霊を供養している。 昭和42年(1967年)には浅間火山博物館が開館し、鬼押出しや火山の紹介をしている。平成5年(1993年)にリニューアルオープンした。浅間山を目的の人は観光気分で立ち寄るじとも多く、群馬の観光スポットになっている。

 群馬県沼田市利根町にある吹割の滝は、高さ7m、幅30m、奇岩が1.5kmも続き、轟々と音と共に落下する様は東洋のナイヤガラと云われている。この滝は、凝灰岩、花崗岩の川床上を流れる片品川の清流が、岩質の軟らかい部分を浸蝕し、多数の割 れ目を生じた。それはあたかも巨大な岩を吹き割れたように見えるところから、"吹割の滝"の名が生まれた。その起源は900万年前に起こった火山の噴火によって、火砕流が冷固した溶結凝灰石が片品川の流れによって浸食されてできたV字谷。昭和11年(1936年)に天然記念物及び名勝に指定されている。群馬県を代表する観光名勝で観光客も多く、観光バスのツアーで訪れる人も多い。