全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

1番星の観光ガイド - 観光情報を簡単検索でタグ「秋田県 観光の四方山話」が付けられているもの

 横手城は、その昔朝倉城と呼ばれ、仙北三郡を領していた小野寺氏の居城でだった。天文・弘治年間に屋敷町を割り、町内をつくり攻守に備え、横手川を外濠とした。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い後、小野寺義道は上杉景勝と通じたとみなされ改易となった。慶長7年(1602年)に佐竹氏の久保田藩の属城となり、元和6年(1620年)には幕府の一国一城令により久保田藩の多くがされたが、佐竹義宣の働きにより横手城は生き残った。また横手城は、元和8年(1622年)の宇都宮城釣天井事件で流罪になり、元幕府年寄本田正純が晩年を過ごした。幕末から明治にかけたの戊辰戦争では、佐竹氏は官軍(新政府)に与したため、仙台藩と庄内藩の攻撃を受け落城した。現在の天守閣は昭和40年(1965年)に復元したもので、今日では秋田の観光名称となり、秋田に観光で訪れる観光客には好評。

 男鹿半島はその昔、日本海に浮かぶ火山島だった。それが長い間の隆起と川が運ぶ流砂によって、 本州と陸続きになったと云われている。温泉の歴史は古く、征夷大将軍・坂上田村麿が東征の際、湯の湧くのを発見し兵を休めたのが始まり。また江戸時代の温泉番付にも小鹿嶋(おがしま)の名で東の小結にランクされている。明治中期から大正にかけては石山鉱山の石灰岩の採掘現場として活況を呈していた時代があった。その頃の利用者は鉱山作業員や村人がほとんどで、その呼び名も石山温泉と呼ばれており、温泉地としては隣の湯本温泉の名声が高かった時代でもあった。やがて鉱物の採掘も寂れ観光開発の機運が高まり、昭和36年(1961年)に、男鹿市湯本地区の温泉旅館が、男鹿温泉郷協同組合を設立し秋田県の観光地として親しまれるようになった。

 秋田県と岩手県の県境に位置し、田沢湖高原の乳頭山麓に点在する秘湯が乳頭温泉郷。鶴の湯、蟹場、孫六、黒湯、妙乃湯、大釜、田沢湖高原(乳頭)、一本松と泉質がそれぞれ異なる八つの温泉からなっており、秋田県を代表する観光地でもある。なかでも鶴の湯温泉は最も古い歴史を誇り、元禄元年(1688年)あたりから湯宿としての記録が残っており、また茅葺き屋根の本陣は二代目秋田藩主の佐竹義隆公が湯治に訪れた際に、警護の家人たちがが詰めていた建物で、今では鶴の湯をシンボル的な建築物である。また他の温泉は4つの源泉が整っており効能や泉質もバラエティに富み、温泉三昧を堪能できる。各温泉を1回ずつ入浴できる乳頭温泉湯めぐり帖を使っての湯巡りが観光客にも好評で、観光の後の入浴も大評判。

 男鹿半島の西北端、北緯40度線上に位置する入道崎は、男鹿半島には欠かせない観光スポット。明治31年(1898年)に点灯を開始した灯台は、高さ27.92m、15秒間隔に発光する白い光は37km先まで照らし、船の安全に寄与している。緑の大地、紺碧の海は、白黒の縞模様が印象的な灯台と絶妙なコントラストは観光客を魅了させ、日本の灯台50選に選ばれている。また入道崎の字は「崎」「埼」「岬」などいろいろな字が使われているが正解は不明。まや夕陽の観光スポットとしても知られ日本の夕陽百選にも選定されている。

 秋田県を代表する観光のメッカ田沢湖は、日本で一番深い湖で知られる。湖畔標高は249m、最深部は174.4mの深さの為か、真冬でも湖面が凍り付くこともなく、湖水に射込む太陽の陽射しは翡翠色から濃い藍色にまでに彩ると云われている。田沢湖が初めて測定されたのは明治42年(1902年)。湖沼学者の田中阿歌麿が麻縄に重りをつけ沈めて、計測した時は397mを記録した。大正15年(1925年)には、田中舘愛嬌がワイヤーロープで425mを記録した。四季折々に豊かな表情を見せ、訪れる観光客を楽しませてくれる。近くには田沢湖高原温泉郷と水沢温泉郷もあり、秘湯とよばれる乳頭温泉郷は、源泉を持つ一軒宿が点在する。観光には欠かせない存在である