全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

1番星の観光ガイド - 観光情報を簡単検索でタグ「栃木県+観光の四方山話」が付けられているもの

 栃木県北部の広大な那須野が原から、 北西に連なる山中に分け入った箒川の渓谷沿いに連なる11地区の温泉地の総称で、150もの源泉を擁する塩原温泉。その歴史は古く、延暦25年(806年)に発見されたと伝えられ、1200年以上の歴史を誇っている。明治・大正時代に数多くの文人たちが訪れ、地元の人々との交流の中で多くの文学作品を生み出し、塩原の町の中には沢山の文学碑が点在している。尾崎紅葉が、山あれば岩あり、岩あれば必ず瀑あり、全峰にして名瀑と称えた程、塩原渓谷の美しさは圧巻。今でも観光を兼ねて温泉を堪能する観光客も多く、今や栃木県を代表する観光地である。

 日本最古の学校といわれる足利学校。創建については、平安初期に小野峯が創建したという説が有力視されているが、どれが正しいかは現在も解明されていない。足利学校の歴史が明らかになるのは室町時代の永享11年(1439年)、上杉憲実が関東菅領になると学校を整備し、書籍の寄進や庠主(校長)を招き学生の養成をした。16世紀の初頭には生徒は3,000人を越え、フランシスコ・ザビエルによって海外にも紹介された。寛文8年(1668年)には幕府の聖廟が修築された。廃校となったのは明治5年(1872年)だった。大正10年(1921年)に国の史跡に指定され、現在存在する校舎は、江戸時代の形を復元したもので、足利に観光で訪れる観光客の大半は訪れる観光スポットになっている。

 源平合戦壇ノ浦の戦いで破れた平家の残党が、散り散りになって辺鄙な奥地へと逃れ密やかに暮らした地。河原に湧き出る温泉は、天正元年(573年)に落人の子孫が発見し傷を癒したと云われる歴史のある古い温泉。温泉地名の由来ともなった、湯西川の渓谷沿いは旅館や茅葺き屋根の民家や、近代的な外観の宿も含め23軒の宿泊施設が湯西川の谷間に点在し、囲炉裏端で夕食を取れる宿や、露天風呂が自慢の宿が多い。また、この地域は、現在も鯉のぼりは上げない風習が残り、鶏を飼わない習慣が続いている。これは平家落人が、目立たないように身を隠すために工夫である。秘湯の風情がある古の温泉は栃木の観光地になっており、 毎年観光客が訪れ、観光を兼ねて温泉を堪能している。

 標高2,486mの二荒山を御神体山と仰ぐ神社で、古くから日光の氏神様。今から約1,200年程前の奈良時代後期に、二荒山に神霊を感じた勝道上人が大谷川の北岸に四本竜寺を建て、延暦9年(790年)に本宮神社を建てたのが、二荒山神社の始まりだった。延暦3年(784年)に、二荒山中腹に位置する中禅寺湖の北岸に、日光山権現(中宮祠)を祭り、二荒山神社のほぼ現在の形となった。江戸時代の元和3年(1617年)に、東照宮が祀られた時、幕府は神領を寄進し、社殿を造営するなどして崇めた。明治維新後、神仏分離があったが、明治6年(1872年)、国幣中社に格づけされ、戦後も一般の人たちの参詣が絶えない。今日では東照宮と供に世界遺産に登録され、海外からの観光客が訪れる観光スポットでとなり我が国を代表する観光地である。

 日光東照宮は江戸幕府初代将軍の徳川家康を神格化した東照大権現を祀る神社で日本全国の東照宮の総本社で、正式名称は地名がつかない東照宮である。現在の社殿群のほとんどは、鎮座から20年後の寛永13年(1636年)に、三代将軍家光が寛永の大造替で建て替えたもの。その費用は金56万8千両、銀百貫、米千石を擁し、1年5ヶ月の歳月をかけ完成させた。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が建ち並び、全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られ、その豪華絢爛な美しさは圧巻。平成11年(1999年)には世界文化遺産に登録され、ますます修学旅行や観光で訪れる人が増え、栃木県はもとより日本を代表する観光スポットである。

 栃木県の日光には、四十八滝と云われるほど滝が多いが、最も有名なのが華厳の滝。日光の観光スポットと云うより、日本を代表する観光スポットして海外からも脚光をあびている。中禅寺湖の流出口から水しぶきをあげて流れ落ちる様は、まさにダイナミック。高さ97mを誇り。和歌山県の那智ノ滝、茨城県の袋田ノ滝に並び日本の三大名瀑とも呼ばれている。滝を間近で観覧できるようになったのは、明治33年(1900年)、7年もの歳月をかけて星野五郎平が滝壷近くに茶屋を開いた。堅い岩盤をくり抜いたエレベーターが営業を開始したのは昭和5年(1930年)からである。周辺には中禅寺湖や男体山などの観光名所も点在し、大勢の観光客で賑わう。あら秋の紅葉のシーズンは、いろは坂が渋滞するほど観光客が押し寄せる。

 世界中の有名建築物102点を25分の1に縮小再現し、一堂に集めたのが東武ワールドスクウェア。日本ゾーンには金閣寺などの歴史的建築物など、現代日本ゾーンには東京スカイツリータウン(R)など。アジアゾーンには万里の長城やタージマハルなど、アメリカゾーンにはエンパイアステートビルなど高層ビルなど、エジプトゾーンにはピラミッドやスフィンクスなど、ヨーロッパゾーンにはコロッセオやサグラダ・ファミリアなどがある。またプレイカードを利用すれば、ロンドン橋の開閉など見ることができる。建物の傍に置かれた人形の中には、有名人そっくりなものもあり観光客に好評。日本ゾーンに使われているミニチュアの木は、ほとんどが本物 の盆栽なので四季折々の変化が見られ、今や日光鬼怒川観光には欠かせない存在で、連日観光客で賑わっている。