全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

1番星の観光ガイド - 観光情報を簡単検索でタグ「北海道」が付けられているもの

枝幸温泉

枝幸温泉雄大なオホーツク海を一望する、三笠山スキー場の高台に建つ枝幸温泉。漁獲量日本一を誇る毛ガニの街枝幸町にあり、紺碧のオホーツク海と緑あふれる山々に抱かれた、天然温泉と寛ぎのひと時を味わえる。

稚内温泉

湯涌温泉ノシャップ岬から約3km南下した西海岸に位置する国内最北の稚内温泉。昭和51年(1976年)に行われた原油の試掘の際に湧出した温泉をもとに、昭和53年(1978年)に開業。

ピンネシリ温泉

ピンネシリ温泉音知岳(標高703m)の登山口に位置するピンネシリ温泉。昭和60年(1985年)に地元住民が中心となり掘削した結果、有望な源泉を発見。

はぼろ温泉

はぼろ温泉日本海オロロンラインのほぼ中間に位置する羽幌町にある「はぼろ温泉」。開湯は平成6年(1994年)で当初は第三セクター羽幌観光開発が運営。

豊富温泉

豊富温泉北海道北部、宗谷支庁豊富町の南部、利尻礼文サロベツ国立公園の一角を占め、サロベツ川を挟んで広がる広大なサロベツ原野の東側に位置する温泉郷が豊富温泉。

利尻富士温泉

利尻富士温泉本最北の離島・利尻富士町から平成8年(1996年)に湧出した利尻富士温泉。利尻富士の麓で湧き出るその温泉を利尻富士温泉と名付けた。

川汲温泉

川汲温泉北海道南西部、函館市川汲町にある川汲温泉。内浦湾へ流入する川汲川上流に位置し、鶴が湯浴みをして傷を癒したという開湯伝説があり、鶴の湯とも云われた。

朝日温泉

朝日温泉北海道岩内町の雷電峠の奥地にある一軒宿の朝日温泉。開湯は古く、弘化元年(1844年)に中江差徳二郎は熊が傷を負い、湯に入るのを見たのが初めて伝えられている。

恵山温泉

恵山温泉渡島半島の南東端、霊峰恵山(618m)の山腹に位置し、津軽海峡を望む恵山温泉。昭和7年(1932年)の開業以来、源泉に一切手を加えることなく、一貫してかけ流しにしている。

雌阿寒温泉

雌阿寒温泉阿寒湖の南西、雌阿寒岳の麓にコバルトブルーの水をたたえるオンネトーは、北海道三大秘湖の一つに数えられる。

小金湯温泉

小金湯温泉定山渓温泉よりもさらに5kmほど札幌によりに位置する小金湯温泉。その歴史は古く、明治26年(1893年)に開湯。

トムラウシ温泉

トムラウシ温泉北海道のほぼ中央、十勝支庁新得町のトムラウシ山を目指す山道を1時間ほど進み、さらに奥に進み温泉原生林に覆われた、十勝川の源流の一つであるユウトムラウシ川左岸に位置するトムラウシ温泉。

和琴温泉

和琴温泉屈斜路湖の南端に突き出た和琴半島の、オサッペ川の川口付近に位置する和琴温泉。和琴の地名はアイヌ人がワコッチ(魚の尾のくびれたところ)と、尻が陸地に付いているという意味のオヤコッから名付けられた、二つの説がある。

湯の川温泉

wf135.jpg湯の川温泉は、北海道で最も古くから栄えた温泉地、湯治場で、湯の川の語源は、 アイヌ語のユ(湯)+ペツ(川)の語源と伝えられており、ゆのかわの表記は「ゆの川村」として1644年「正保古地図」に 記されたのが文献初出。

登別温泉

top.jpg210年前の書物「蝦夷草子」に「湧き出した温泉水が川に流れ込み、底が見えないほど濁っていた」と 登別温泉を紹介した記事が残っている。

定山渓温泉

katsura.jpg札幌市内から約30km、国道230号を1時間ほど走ると、近代的ホテルや風情ある旅館が渓谷の中に 佇んでいる地域が定山渓温泉。

阿寒湖温泉

ph007.jpg特別天然記念物マリモの生息地として知られる阿寒湖。この世界有数のカルデラ湖の南側に湧きでたのが 阿寒湖温泉。

十勝川温泉

ph03.jpg和人の温泉利用の始まりは、1900年ごろと言われており、依馬嘉平(えまかへい)が、 いまの笹井ホテルあたりに自然に湧いたぬるま湯を引いて、近所の住民とともに利用していたそうです。

カルルス温泉

chitosegawa.jpg日野愛憙(ひのあいき)氏が 屯田兵入植地として登別川上流の調査をしていた際に、発見されたことに始まりますが、官吏としては開拓に全力を注いでいた彼は この温泉の開発までには至りませんでした。

朝里川温泉

朝里川温泉小樽市街地の南西に位置し、朝里川沿いの山間に広がる朝里川温泉。開湯は昭和29年と比較的新しく、8軒の旅館とホテルが点在している。共同浴場は1軒あり、古い民家を思わせる外観が特徴。

旭岳温泉

旭岳温泉大雪山の主峰である旭岳の西側中腹、標高約1,050mの高所に湧く旭岳温泉は、大正3年(1914年)に、阿久津啓吉が温泉を発見してのが始まりだった。

北湯沢温泉

北湯沢温泉支笏洞爺国立公園の中央部に位置する北湯沢温泉。開湯は明治30年で、道庁の測量技師だった藤原平兵衛が発見したのが始まり。

長万部温泉

長万部温泉昭和30年(1955年)、天然ガス試掘中に偶然に天然ガスと一緒に温泉が噴出した長万部温泉。その後、新たに湯量豊富な泉源を掘り当て、各宿に配湯されている。

網走湖畔温泉

網走湖畔温泉網走湖を一望する高台に位置する網走湖畔温泉。1981年(昭和56年)に800mのボーリングし、源泉を噴出させたのが開湯の始まり。他の温泉と比べても比較的歴史が浅い。

川湯温泉

川湯温泉温泉街のなかを高温の温泉川が流れ北海道の川湯温泉。湯治場としての川湯の起源は定かでないが、明治19年(1886年)に温泉宿が設立され、硫黄採掘職人向けの湯宿が記録が残っているが、すぐ閉鎖された。

鹿部温泉

鹿部温泉寛文6年(1666年)、津軽から移住した昆布出稼ぎ人の伊藤源五郎が、傷を湯で癒す鹿を発見した鹿部温泉。因に鹿部の地名はアイヌ語のシケルペ(キハダの生える所)から転じた伝えらている。

然別峡菅野温泉

然別峡菅野温泉道東自動車道の芽室ICより約60分、大雪山国立公園内に位置し、標高約780mの然別峡の奥まった谷間にある菅野温泉。

びえい白金温泉

びえい白金温泉昭和25年(1950年)、当時の美瑛町長だった鴻上覚一氏が数々の苦難の末に、掘削に成功した噴出したのが「びえい白金温泉」。

愛山渓温泉

愛山渓温泉大雪山国立公園のアンタロマ川の渓流に沿って、約19kmを遡ると永山岳の山麓にある愛山渓温泉。

養老牛温泉

養老牛温泉虹別のアイヌの酋長(hasibami)幸太郎の話によると、養老牛温泉は約300程昔に既にアイヌが発見していたらしい。温泉はアイヌの憩いの場でもあり、また神聖な儀式の場(熊送りの場)として使われていたらしい古湯だった。

天人峡温泉

天人峡温泉明治27年(1894年)に忠別川での鉱物探索中に偶然発見されたのが天人峡温泉。アイヌの人々から聞いた湧泉の話を元に、明治明治30年(1897年)に発見者の松山多米蔵の名前を付け松山温泉として開設。

ニセコ昆布温泉

ニセコ昆布温泉古くから保養温泉として知られていた昆布温泉郷。その中でも開湯は明治32年(1899年)と最も歴史を誇っているのが鯉川温泉旅館である。自家泉源から涌き出る豊な湯量と効能は、道内でも指折りの名湯と知られていた。

層雲峡温泉

層雲峡温泉開湯は幕末時代の安政年間に、和人として初めて大雪山系を探検した松田市太郎(江戸幕府石狩役場勤務の足軽)や松浦武四郎らによって発見された歴史を持っている。

洞爺湖温泉

洞爺湖温泉明治43年1910年、有珠山の噴火によって洞爺湖の南岸に湧出した温泉が洞爺湖温泉。その後大正6年(1917年)に、湖岸で43℃の源泉を発見したのが温泉の始まりと云われている。

盃温泉郷

盃温泉郷北海道西部に位置し積丹半島の西海岸に湧出する盃温泉、開湯は明治38年(1905年)と云われ、当時は湯治場としてより銭湯として利用されていた。

温根湯温泉

温根湯温泉北海道が蝦夷地と云われたいた時代から、先住民のアイヌが自然に湧出していた温泉を、利用していたのが温根湯温泉の始まりと伝えられている。

知床ウトロ温泉

知床ウトロ温泉昭和46年(1971年)にボーリングで掘り当てた知床ウトロ温泉。最初に掘り当てた源泉は海を見おろす高台にあり、それ以降の源泉は海岸沿いに面しており、4系統10か所以上の源泉が湧出した。

丸駒温泉

丸駒温泉樽前山と恵庭岳に抱かれたカルデラ湖で、わが国最北の不凍湖として知られる支笏湖。その北岸に湧出する秘湯の一軒宿が丸駒温泉。

摩周温泉

摩周温泉以前は弟子屈温泉と呼んでいたが、摩周湖に一番近くて便利な為に、現在は摩周温泉の名前で親しまれている。

ホテル摩周

ホテル摩周北海道東部のほぼ中心地点に位置する摩周温泉・ホテル摩周は小型ですが、コンパクトだからこそできるアットホームサービスを目標に営んでいます。

温泉浪漫の宿 湯の閣

温泉浪漫の宿 湯の閣屈斜路湖・摩周湖に程近い露天風呂が自慢の温泉旅館。当館は源泉100%かけ流しの天然温泉です。

後藤純男美術館

後藤純男美術館北海道の厳しい自然に惹かれた作家が、1987年に道内取材の拠点として大雪山系を間近に望む十勝岳の麓、上富良野町にアトリエを構えたのが始まり。北海道内では大変珍しい日本画の美術館でもある。