全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

1番星の観光ガイド - 観光情報を簡単検索でタグ「兵庫県+観光の四方山話」が付けられているもの

 平安時代大同2年(807年)に銀が採掘された。永禄10年(1567年)に、自然銀が多く含有する日本最大の鉱脈を発見。その後、織田信長・豊臣秀吉の直轄時代を経て、慶長5年(1600年)に徳川家康は但馬銀山奉行を配置し、佐渡金山、岩見銀山並び天領として管理し、徳川幕府の財政を支えた。明治元年(1868年)には官営鉱山となった。明治政府は近代化を推し進めるため、フランス人技師ジャン・フ ランソワ・コワニエを鉱山師兼鉱学教師として雇い、コワニエが帰国するまでの10年の間に製鉱所を建設し、日本の近代化鉱業の模範鉱山製鉱所の確立を目指した。明治22年(1889年)に生野鉱山と佐渡金山が皇室財産に移され、宮内省御料局の所管となった。明治29年(1896年)に三菱合資会社に払い下げられ、以後、三菱の経営で国内有数の大鉱山として稼働してきたが、昭和48年(1973年)に閉山。その間に掘り進んだ坑道の総延長は350km以上、深さは880mの深部にまで達し、採掘した鉱石は70種にも及んでいる。


 現在、日本に残る規模の整った古城で最大の城が姫路城。別名を白鷺城と呼ばれ親しまれ、また天守閣が残る城として国宝にも指定されている。その歴史は古く、1346年に赤松貞範が姫山に築いた小さな山城がはじまりであった。その後、歴代の城主たちが改築・改修を重ね、現在の城郭は慶長6年(1601年)に、池田輝政が八年の歳月をかけ建立した。元和元年(1618年)西の丸が増築され現在の形が完成した。太平洋戦争では、空襲を避けるように網を張り、カモフラージュした。歴代藩主のなかには秀吉の軍師・黒田官兵衛もいた。平成5年(1993年)には正世界文化遺産に指定されており、日本を代表する観光名勝の一つ。また海外の観光客にも好評で、観光し乍ら日本の伝統にふれている。観光バスの駐車場完備。