全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト 1番星公式ブログ

1番星の新着おでかけニュース

戦国時代の1578年に始まった世田谷のボロ市では、明治中頃に、野良着のつくろいや、わらじに編み込むためのボロ布が盛んに取り引きされており、この市の名前の由来といわれています。

正月飾りなどを燃やし、一年の無病息災を祈るどんど焼き。上恩方町上案下地区で受け継がれてきた、高さ20メートルを超える飾りつけが燃え盛るようすは迫力満点です。

日本全国の魅力を余すところなく発信する『ふるさと祭り東京』が、2011年は「がんばろう!日本」「がんばろう!東北」を合言葉に開催されます。

虎ノ門金刀比羅宮は、讃岐国丸亀藩主、京極高和が藩領内である象頭山に鎮座する金刀比羅宮の御分霊を、当時藩邸があった芝、三田に勧請し、延宝7年(1679年)、京極高豊の代に現在の虎ノ門に遷座したのが始まりです。

葛谷御霊神社は、平安時代の前9年の役の帰途、京都の桂(葛)の里の一族が当地に住み着き、当地付近を葛ヶ谷と呼ぶようになり、その際に八幡社が勧請されたと伝えられます。

1月1日午前0時より厄除け開運の御祈祷が執行され、車御祈祷所では交通安全祈願が行われます。

日本一の初詣者数を誇る神社として有名で、広大な境内には一年の幸せと健康を祈り、三が日で300万人を超える参拝者が訪れ賑わいます。

高尾山へは大晦日から元旦にかけてケーブルカーが終夜運転となり、中腹にある薬王院は初詣の参拝客で賑わいます。

年末年始の特別企画として、毎年恒例の「元旦初日の出営業」を開催します。

東京タワーでは、元旦朝6:00から特別展望台(250m)と大展望台(150m)の営業が開始され、東京湾から昇る「初日の出」の瞬間が楽しめます。

トップページへ戻る | 1番星の新着おでかけニュース