全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

温泉の歴史

天人峡温泉

天人峡温泉明治27年(1894年)に忠別川での鉱物探索中に偶然発見されたのが天人峡温泉。アイヌの人々から聞いた湧泉の話を元に、明治明治30年(1897年)に発見者の松山多米蔵の名前を付け松山温泉として開設。

ニセコ昆布温泉

ニセコ昆布温泉古くから保養温泉として知られていた昆布温泉郷。その中でも開湯は明治32年(1899年)と最も歴史を誇っているのが鯉川温泉旅館である。自家泉源から涌き出る豊な湯量と効能は、道内でも指折りの名湯と知られていた。

層雲峡温泉

層雲峡温泉開湯は幕末時代の安政年間に、和人として初めて大雪山系を探検した松田市太郎(江戸幕府石狩役場勤務の足軽)や松浦武四郎らによって発見された歴史を持っている。

洞爺湖温泉

洞爺湖温泉明治43年1910年、有珠山の噴火によって洞爺湖の南岸に湧出した温泉が洞爺湖温泉。その後大正6年(1917年)に、湖岸で43℃の源泉を発見したのが温泉の始まりと云われている。

盃温泉郷

盃温泉郷北海道西部に位置し積丹半島の西海岸に湧出する盃温泉、開湯は明治38年(1905年)と云われ、当時は湯治場としてより銭湯として利用されていた。

温根湯温泉

温根湯温泉北海道が蝦夷地と云われたいた時代から、先住民のアイヌが自然に湧出していた温泉を、利用していたのが温根湯温泉の始まりと伝えられている。

知床ウトロ温泉

知床ウトロ温泉昭和46年(1971年)にボーリングで掘り当てた知床ウトロ温泉。最初に掘り当てた源泉は海を見おろす高台にあり、それ以降の源泉は海岸沿いに面しており、4系統10か所以上の源泉が湧出した。

丸駒温泉

丸駒温泉樽前山と恵庭岳に抱かれたカルデラ湖で、わが国最北の不凍湖として知られる支笏湖。その北岸に湧出する秘湯の一軒宿が丸駒温泉。

摩周温泉

摩周温泉以前は弟子屈温泉と呼んでいたが、摩周湖に一番近くて便利な為に、現在は摩周温泉の名前で親しまれている。

1 2 3 4

トップページへ戻る | 温泉の歴史