全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

温泉の歴史

旭岳温泉

旭岳温泉大雪山の主峰である旭岳の西側中腹、標高約1,050mの高所に湧く旭岳温泉は、大正3年(1914年)に、阿久津啓吉が温泉を発見してのが始まりだった。

北湯沢温泉

北湯沢温泉支笏洞爺国立公園の中央部に位置する北湯沢温泉。開湯は明治30年で、道庁の測量技師だった藤原平兵衛が発見したのが始まり。

長万部温泉

長万部温泉昭和30年(1955年)、天然ガス試掘中に偶然に天然ガスと一緒に温泉が噴出した長万部温泉。その後、新たに湯量豊富な泉源を掘り当て、各宿に配湯されている。

網走湖畔温泉

網走湖畔温泉網走湖を一望する高台に位置する網走湖畔温泉。1981年(昭和56年)に800mのボーリングし、源泉を噴出させたのが開湯の始まり。他の温泉と比べても比較的歴史が浅い。

川湯温泉

川湯温泉温泉街のなかを高温の温泉川が流れ北海道の川湯温泉。湯治場としての川湯の起源は定かでないが、明治19年(1886年)に温泉宿が設立され、硫黄採掘職人向けの湯宿が記録が残っているが、すぐ閉鎖された。

鹿部温泉

鹿部温泉寛文6年(1666年)、津軽から移住した昆布出稼ぎ人の伊藤源五郎が、傷を湯で癒す鹿を発見した鹿部温泉。因に鹿部の地名はアイヌ語のシケルペ(キハダの生える所)から転じた伝えらている。

然別峡菅野温泉

然別峡菅野温泉道東自動車道の芽室ICより約60分、大雪山国立公園内に位置し、標高約780mの然別峡の奥まった谷間にある菅野温泉。

びえい白金温泉

びえい白金温泉昭和25年(1950年)、当時の美瑛町長だった鴻上覚一氏が数々の苦難の末に、掘削に成功した噴出したのが「びえい白金温泉」。

愛山渓温泉

愛山渓温泉大雪山国立公園のアンタロマ川の渓流に沿って、約19kmを遡ると永山岳の山麓にある愛山渓温泉。

養老牛温泉

養老牛温泉虹別のアイヌの酋長(hasibami)幸太郎の話によると、養老牛温泉は約300程昔に既にアイヌが発見していたらしい。温泉はアイヌの憩いの場でもあり、また神聖な儀式の場(熊送りの場)として使われていたらしい古湯だった。

1 2 3 4

トップページへ戻る | 温泉の歴史