全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

現在のカテゴリ:

岩泉町 龍泉洞

岩泉町 龍泉洞【龍泉洞とは・・・】
 龍泉洞は日本三大鍾乳洞のひとつで、洞内に棲むコウモリと一緒に国の天然記念物に指定されています。洞内はすでに知られているところだけでも3,600mで、そのうち700mが公開されています。今も調査が続けられていますが、総延長は5,000m以上になると考えられています。その奥からは清水が湧き出て、数カ所の深い地底湖を形づくっています。その中でも第三地底湖は水深98m、第四地底湖(非公開)は日本一の120mで、世界でも有数の透明度です。「ドラゴンブルー」と呼ばれる深い青色の湖と、まるで芸術品のような鍾乳洞が見られる龍泉洞は、自然がつくった神秘の世界。探検するような気持ちで、洞内を奥へと進んでください。

【龍泉新洞科学館】
 龍泉新洞科学館は、昭和42年(1967)に龍泉洞入り口向かい側に発見された鍾乳洞です。昭和43年には龍泉新洞遺跡が発見され、洞内からは多数の土器や石器が出土しました。その出土品を中心に、洞穴学・地学・生物学・考古学などの貴重な資料や標本を展示した世界で初めての自然洞穴科学館として現在、200mが公開されています。龍泉洞とともに学術的にも貴重な研究・調査の対象となっています。



【お知らせ】

龍泉洞は、台風による増水で現在閉洞しています。
水が引いた後、開洞に向けて洞内と内部の設備を点検する予定です。
開洞の時期は未定です。



    【 龍泉洞のご案内 】

    ■ 営業時間
    ・ 年中無休
    ・ 午前8時30分~午後6時(但し、10月から4月までは午後5時まで。)
    ・ 料金:大人・高校生 1,000円/小・中学生 500円/他、団体料金あり


    【 龍泉洞の内部 】

    ■ 第1地底湖

    地底湖の存在は、昭和30年代の調査で初めて明らかになりました。第1地底湖は天井が32mあり、水深は35mもあります。展望台から第1地底湖を望むことができます。

    ■ 第2地底湖

    水深が38mあります。世界でも有数の透明度を誇り、青みがかった水の色をドラゴンブルーと呼んでいます。水の美しさは見る人に感動を与えてくれます。

    ■ 第3地底湖

    公開している観光コースの最も奥にあり、水深は奥に向かって深くなり最深部で98mです。その奥は、第8地底湖まで存在が明らかになっており、総延長は5,000m以上と考えられています。

    ■ 月宮殿

    鍾乳石が月の世界を思わせることから名づけられました。龍泉洞内で公開している観光コースの中で一番広いホールです。ここには地蔵岩、音無の滝、守り獅子、ビーナス、リムストーンなど、見ごたえのある鍾乳石が集中している他、LEDライトに照らし出される幻想的な世界が広がります。


    名 称/岩泉町 龍泉洞
    住 所/岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
    TEL/ 0194-22-2566 FAX/ 0194-22-5577
    URL/岩泉町 龍泉洞 公式サイト

施設からのお知らせ 更新日:2016-02-05 16:11:35

龍泉洞の奥に広がる青の世界

龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つとされ、また洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されています。

洞内総延長は知られている所で3,600mで、そのうち700mが公開中。
見つかっている地底湖は8つで、そのうち3つが公開中。
現在も調査が継続中で未知の部分もまだまだ多く、総延長は5,000m以上ではないかと言われています。

悠久の時が生んだ芸術品の様な鍾乳石たち。

世界有数の透明度の目の覚めるような青い地底湖。

龍泉洞は一度見れば忘れられない感動を味あわせてくれることでしょう。