全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

現在のカテゴリ:

大潟村

大潟村村の全域は、日本で2番目の面積を誇る湖沼であった八郎潟を干拓して造った土地で、八郎潟は平安時代の古文書によると大方(おおがた)と呼ばれており、それが後に「大潟」に変わったと伝えられています。


    【菜の花ロード】
     県道298号沿いの桜並木は、菜の花の黄色と桜のピンク、黒松の緑色が帯状になり鮮やかなコントラストが両側合わせて21km。天候に恵まれれば菜の花と同時に満開の桜が見れます。ヤエザクラ750本、ソメイヨシノ1175本、ベニヤマザクラ815本が植栽されています。また、車で15分程で日帰り温泉「大潟モール温泉」も楽しめます。

    【村章の意味】
     大潟村の「オ」の文字を図案化したもので、限りない大潟村の躍進を象徴しています。昭和44年7月1日、応募作品の中から選定されました。

    【村の花「サルビア」】
     花いっぱい運動を通じて多くの住区などで栽培されるサルビアは、鮮やかな色彩で集落地内一円に初夏から秋まで咲き誇り、生活環境を明るく鮮やかに印象づけます。村民が情熱を込めて村づくりに邁進する大潟村に相応しい花です。

    【村の木「黒松」】
     村内の道路沿い、集落地などに植栽された幼木が風雪に耐え、たくましく成長しました。村を日本海の強風から守る防災の効果とともに環境の美観を高め、村になくてはならない、伸びゆく大潟村に相応しい樹木です。

    【村の鳥「白鳥」】
     満々たる水を讃えた八郎潟に古い時代から毎年渡ってきています。干拓後も残存湖に飛来し、周辺住民からも愛されています。遊泳したり空を飛び交う優雅で格調の高い姿は村民の心を和ませ、大潟村のシンボルに相応しい鳥です。


    名 称/大潟村
    住 所/秋田県南秋田郡大潟村字中央1-1
    TEL/ 0185-45-2111 FAX/ 0185-45-2162
    URL/大潟村 公式サイト

施設からのお知らせ 更新日:2016-03-24 16:50:12

美肌の湯 大潟モール温泉

モール温泉は、国内はもとより世界的にも非常に珍しく、秋田県では初めての温泉です。

温泉源は500万年前の海水が地層水となったものです。500万年前は新生代、恐竜が滅亡し、ほ乳類が栄え、被子植物の全盛期で緑豊かな草原が地球上を覆ったと言われています。その植物がやがて腐植質となり、温泉に溶け込み、黄金色のモール温泉となりました。

モール温泉の「モール(Moor)」は、ドイツ語で「腐植質」を意味し、腐植質を多く含む泉質をいいます。火山活動由来の温泉と違い、腐植質は有限で全国的にみても希少価値があります。

モール温泉の特徴として、温泉熱の人体皮下浸透度が非常に高効率で、短時間で体の芯まで温まる効果があります。また泉質は植物性で、天然保湿成分が多く含まれ、まろやかであるため美肌効果があると言われています。

長湯に気をつけ、ご入浴ください。