全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

現在のカテゴリ:

南魚沼市トミオカホワイト美術館

南魚沼市トミオカホワイト美術館雪国の旅、巡礼を通して白の不思議な美を発見し表現することを追い求め続けた富岡惣一郎。富岡は、自分に必要な白の絵の具を発明し、長大ペインティングナイフを鍛造させ、あらゆる状態の「白の世界」を創り出すためすための技法を開発しました。世界中の誰もが到達していない、富岡惣一郎だけの「白の世界」に挑戦した数々の作品を企画展示しています


    【 富岡惣一郎について 】

    富岡惣一郎(とみおかそういちろう)
    1922年 新潟県高田(上越市)に生まれる
    1953年 第17回新制作展 入選
    1961年 第25回新制作展 新作家賞受賞
    1962年 現代日本美術展 第1回コンクール賞受賞
    第26回新制作展 協会賞受賞
    1963年 サンパウロ国際ビエンナーレ展 近代美術館賞受賞
    1965年 三菱化成工業退社 ~72年ニューヨーク居住
    1984年 東郷青児美術館大賞受賞
    1989年 日本政府専用機内壁画デザインに作品4点採用
    1990年 トミオカホワイト美術館開館
    1994年 没 享年72歳

    WHA'S NEW

    EVENT

    交 通

    ★ 交 通
    ●タクシー JR五日町駅より10分
    JR六日町駅より15分
    JR浦佐より20分
    ●バス JR六日町駅前発 山口行き(もしくは八海山スキー場行き)
    所要時間約20分 上薬師堂下車(徒歩3分)
    ●マイカー 関越自動車道六日町ICから15分
    大和スマートICから18分
    ★ 休 館
    水曜日 (祝日の場合は翌日)
    年末年始 (12月25日~1月5日)
    ※ 但し、8月と9月28日~11月14日は無休
    展示替え期間、イベント時



    名 称/南魚沼市トミオカホワイト美術館
    住 所/新潟県南魚沼市上薬師堂142
    TEL/ 025-775-3646 FAX/ 025-775-3650
    URL/南魚沼市トミオカホワイト美術館 公式サイト

施設からのお知らせ 更新日:2021-03-28 16:16:03

富岡惣一郎 「霧」

 雪の白に魅了された富岡惣一郎は、独自の油絵の具「トミオカホワイト」を開発し、刀鍛冶に特注した大小さまざまなペインティングナイフと独創的な描画方法で白の世界を表現しました。
 富岡の描画方法(技法)は、前期と後期で異なります。前期(1953−1978)の技法は、トミオカホワイト絵具を均一に塗り、乾ききらないうちにペインティングナイフで絵具を削り乾燥させた後、全面に黒の絵具を塗り、布で拭き取ることで、削り取った溝に黒絵具が入り、モチーフが浮び上がります。
 対して、後期(1979−1993)は、ホワイト以外の色(黒・青・赤などから1色)を均一に塗り乾燥させ、さらにその上にトミオカホワイトを塗り重ね、乾ききらないうちにペインティングナイフでトミオカホワイト絵具を薄く、あるいは厚く削り取ります。削り取ったところは下地の色が現れ、山や川などのモチーフが描き出されます。また、絶妙な力加減でナイフを操り削ることで、うっすらと積もった雪や雲海をホワイトの濃淡で表現しています。
 独自の技法を明かした富岡ですが、「霧」の表現方法だけは最後まで語ることはありませんでした。霧を描いた作品には、中国・桂林、熊野、十和田湖、富士山の風景などがあり、その中でも桂林は特別な場所でした。
 1981年4月、雨季明けの最も霧が発生する時期に合わせ、久保田博二氏(世界最高の写真家集団「マグナム・フォト」メンバー)と共に文人墨客が愛してやまない桂林に向かい、船やプロペラ機を使い、霧の中から見え隠れする奇峰を取材。大量のスケッチを抱え帰国した富岡は、翌年「桂林山水」シリーズを発表しました。
 富岡がこの地を踏んだのは、これが初めてではありませんでした。1944年太平洋戦争も末期に向かう頃、富岡は新潟県の兵隊として桂林地区に進攻しました。富岡自身多くを語りませんでしたが、この岩山地帯の難行や戦闘は心の底でつらい記憶となっていたのではないでしょうか。
 桂林の作品は幻想的で優美な世界を感じる一方で、どこかもの悲しさが漂います。兵隊として赴いた地を描く時、命を落とした仲間への追悼の意を込め表現していたのかもしれません。
 本展では、幽玄で静寂な世界を表した霧の作品を中心に画家が辿った白の軌跡を紹介いたします。

◆会期 3月27日(土)〜7月6日(火)
◆時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで) ※3月は10:00開館
◆休館日 毎週水曜日(但し、5月5日は開館)
◆観覧料 一般500円(400円)、 小・中・高校生250円(200円)
     ※( )内は団体20名様以上