全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

現在のカテゴリ:

津城跡

 織田信長の北伊勢攻略後,実弟の信包が、それまでの安濃津城を修築して、天正8年(1580年)に5層の天守を構えた。それが津城である。三重県津市の中心部位置し、北は安濃川、南は岩田川に抱かれた天然の大外堀になった。しかし関ケ原の戦の前哨戦で城主富田信高 が東軍に組したため、城は西軍の猛攻にあって陥落。慶長13年(1608年)築城の名手藤堂高虎が伊勢・伊賀22万石を領して津城を再建したが、平城で天守は再建されなかった。城主も以後は,藤堂氏が襲して明治に至る。現在は城内に日本庭園と西洋庭園が造られ,藩校有造館の門が移築されている。津市の観光シンボルにもなっており、団体の観光客や少人数の観光客そしてカップルが訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

施設からのお知らせ 更新日: