全国の観光施設や観光情報、宿泊施設・名産品などを紹介するインターネット検索サイト

温泉ナビ 温泉情報検索サイト

現在のカテゴリ:

平戸城

 松浦氏の居城で別名亀岡城と呼ばれていた。平戸市街の東部に位置し、平戸港を見下ろす絶好の立地条件を誇る。松浦氏は始祖を嵯峨天皇の皇子源融(とほる)とし、嘉禄元年(1225年)頃に平戸港北側に御館山城を築き、松浦氏は正平7年(1352年)に白狐山城、慶長4年(1599年)と変遷をくり返しながら、平戸港周辺の勢カを拡張し、豊臣秀吉から領知の承認を得た。しかしその後、慶長5年(1600年)に起きた関ヶ原の戦いでは、積極的な動向を表わさなかった為、徳川政権に豊臣派として疑われ、慶長18年(1613年)に築城した岳城を焼却し、恭順の意を表した。焼失した日の岳城に替る居館として、元和6年(1620年)頃に平戸港の北側の御館山城跡の下方に御館を建設した。その約90年後の第5代藩主松浦棟になって、亀岡に平戸城の再築を幕府に願い出て、宝永元年(1704年)に着手し享保3年(1718年)に完成。本丸、二の丸、三の丸、白浜廓、外廓からなる。現在の各櫓は昭和37年(1962年に復元したもので、平戸一の観光名勝で全国から観光客がお訪れている。大型観光バスの駐車場完備。

施設からのお知らせ 更新日: